学校推薦での内定のもらいやすさは?企業の合格率一覧【理系の就活】

理系の就活バイブル > 理系の就活生必見!!知っておくべき情報 > 推薦応募での内定のもらいやすさ【理系の就活】

学校推薦での企業の合格率一覧


推薦応募(理系)での内定の出やすさ

学校推薦をもらったら、内定がもらえますか?

そんなことはないよ!自由応募よりも選考が有利になる程度かな。


理系の就活生は、推薦を使うか使わないかで迷うと思います。

しかし、学校から推薦をもらったとしても内定がもらえるわけでなく、落ちることもあります。

企業によって学校推薦(推薦応募)での内定の確率が異なりますので、事前に把握しておきましょう。

  • 推薦応募とは?自由応募との違い
  • 理系の推薦応募での合格率は?落ちやすい企業は?
  • 推薦応募(理系)に関するアドバイス

コロナ禍でも就活を成功させる秘訣は?
昨年は、コロナの影響で合同説明会が中止になったり、採用中止になったりとスケジュール管理が難しい年でした。

今年もコロナの影響による就活難が予想されるので、常に最新の就活情報を意識することが大切になってきます。

コロナ禍でも役に立つ就活サイトを紹介しているので、興味のある方は覗いてみて下さい。

関連記事 理系向け!おすすめ就活生サイト【13選】

推薦応募とは?自由応募との違い

学校推薦

学校推薦とは、大学が企業に学生を推薦するもので、自由応募は学生が一般枠で選考を受けるものです。

学校推薦を貰うことができたら、自由応募よりも就職活動が楽になります。

一次面談免除だったり、いきなり最終面談だったり、と優遇されています。

理系の推薦応募に関しては、理系の就職活動での推薦応募とは?注意すべき点をご紹介!! を読んでください。

理系の推薦応募での合格率は?落ちやすい企業はどこ?(2ch)


四角 あまり落ちない(合格率80%〜)
IHI JFEスチール 伊藤忠テクノサイエンス 川崎重工 キヤノン 京セラ 三洋 新日鐵住金 ダイハツ トヨタ車体 パイオニア ファナック 富士電機 三菱自工

四角 微妙に落ちる(合格率65〜80%)
NTTデータ アイシン精機 シャープ ジャトコ 豊田自動織機 スズキ 大日本スクリーン製造 東芝 ビクター 日立建機 富士重工 松下電工 マツダ 三菱電 リコー

四角 半分は落ちる(合格率40〜65%)
NEC アイシンAW カシオ 関西電力 神戸製鋼 セイコーエプソン 大日本印刷 トヨタ デンソー 東京電力 東レ 凸版印刷 ニコン 富士通 ホンダ 三菱重 ヤマハ ヤマ発 財閥化学

四角 大抵落ちる(合格率20〜40%)
NTT東 NTT持株 旭硝子 オムロン オリンパス コニカミノルタ 日立 ブリヂストン 村田製作所

四角 誰でも落ちる 推薦状=受験票 (合格率〜20%)
NS-SOL パナソニック 信越化学 富士写真フィルム 富士ゼロックス ルネサス 


\理系専用の就活エージェント/

アカリク就職エージェント(公式HP)


正確な推薦の合格率はリクルーターに確認しよう


ネットの情報は参考程度に考え、正確な情報はリクルーターに確認しましょう。

リクルーターの方なら、過去の採用情報なども知っているはずです。

『今までの先輩たちで、何人くらいが推薦を出して合格したか』聞いてみて下さい。

関連記事:リクルーター制度とは?就活生のメリットと企業の目的を解説

理系の推薦応募に関するアドバイス

就活のアドバイス
1 2チャンネルから引用させて頂いた情報(2016年度)ですので、あくまでも参考にしてください。

正確な情報が知りたい方は、志望企業のOB・OGに真偽を確認してみてください。

OB・OGを見つけるのは、大変だと思うので簡単にOB・OGを見つけられる便利なサイトをまとめました。

> OB訪問ができるおすすめサイト【2022卒】


2 内定が出る確率が低い企業を志望している方は、自由応募で多めに選考を進めるべきです。

推薦を出しても落とされたという話をよく耳にします。自分だけ無い内定になる恐れがあるので、注意してください。




3 個人的に、学部生で理系職に就くのなら、推薦をとる方がいいと思います。

研究内容の濃さで修士卒に勝てないので、自由応募はかなり不利です。



4 企業の中には、ジョブマッチング選考を行っているところがあります。

応募してきた学生の中から、企業が求める研究内容をしている学生を採用する方式です。

ジョブマッチングは、学生が推薦の提出することを前提に選考が進められます。

> ジョブマッチング選考を採用している企業

選考情報おすすめ掲載サイト


感想

就職活動の流れを把握するためにも、先輩の体験談や選考情報を知ることは大切です。

『選考を通過したES』や『企業の選考情報』を無料で知ることができるサービスを紹介します。

1. 30000枚以上のESが見放題「ONE CAREER」
ワンキャリア

ONE CAREER は、『過去の選考体験やES(3万枚以上)』を無料で見ることができる就活支援サイトです。

内定を貰った人や、選考で落とされた先輩のリアルな体験談を知ることができます。

選考方法やESの内容は、前年と大きく変わることはあまりないので、先輩の体験談はかなり参考になります!


\今なら500円分のギフト券がもらえる/


2. ES・選考対策なら「unistyle」
四角

unistyleは、ONE CAREERと同じで就活生に人気の就活支援サイトです。

unistyleでは『4万枚以上のES』に加え、『志望動機のテンプレート』などESの書き方について紹介されています。

unistyleを参考にすることで、選考を通過するレベルのESが簡単に書けるようになります。


\ES対策の定番サイト/


就活が不安な人は就活エージェントを使おうね!



理系に特化した就職エージェント「アカリク」
アカリク就職エージェント

アカリク就職エージェント は、理系に特化した就活エージェントです。

『ESの添削』『面接の練習』『研究内容が活かせる企業の紹介』など全て無料でサポートしてくれます。

理系ならではの就職活動の悩みを抱えている方は、予約が取れるうちに相談してみてはいかがでしょうか?


\理系の就活を全てサポート/


他にも就活に役立つサイトを『就活生は登録すべき!おすすめサイト【13選】』で紹介しているよ!


管理人(にわとり) プロフィール

にわとり

就活ガチ勢だった元理系大学院生。就活当時のES・WEBテストの通過率100%。 現在は大手企業の技術職として働き、リクルーターとして新卒採用も経験。 就職活動は受け身にならず、早め早めの行動が『成功の鍵』です。

まず就活生に読んでもらいたい【おすすめ記事】
就活生に人気の記事ランキング 人気




2020 Copyright 理系の就活バイブル | 失敗しない就職活動のやり方 .All rights reserved よろしく