推薦応募での内定のもらいやすさ | 理系の就活

理系の就活生は、推薦を使うか使わないかで迷うと思います。しかし、学校から推薦をもらったとしても内定がもらえるわけではありません。企業によって推薦応募での内定の確率が異なりますので、事前に知っておくと参考になると思います。

推薦応募(理系)での内定の出やすさ




四角 あまり落ちない(80%〜)
IHI JFEスチール 伊藤忠テクノサイエンス 川崎重工 キヤノン 京セラ 三洋 新日鐵住金 ダイハツ トヨタ車体 パイオニア ファナック 富士電機 三菱自工

四角 微妙に落ちる(65〜80%)
NTTデータ アイシン精機 シャープ ジャトコ 豊田自動織機 スズキ 大日本スクリーン製造 東芝 ビクター 日立建機 富士重工 松下電工 マツダ 三菱電 リコー

四角 半分は落ちる(40〜65%)
NEC アイシンAW カシオ 関西電力 神戸製鋼 セイコーエプソン 大日本印刷 トヨタ デンソー 東京電力 東レ 凸版印刷 ニコン 富士通 ホンダ 三菱重 ヤマハ ヤマ発 財閥化学

四角 大抵落ちる(20〜40%)
NTT東 NTT持株 旭硝子 オムロン オリンパス コニカミノルタ 日立 ブリヂストン 村田製作所

四角 誰でも落ちる 推薦状=受験票 (〜20%)
NS-SOL パナソニック 信越化学 富士写真フィルム 富士ゼロックス ルネサス 


推薦応募(理系)に関して


1 2チャンネルから引用させて頂いた情報なので、OB・OGにも確認してみてください。

2 内定が出る確率が低い企業を志望している方は、自由応募で多めに選考を進めるべきです。無い内定になる恐れがあります。

3 個人的に、学部生で理系職に就くのなら、推薦をとる方がいいと思います。研究内容の濃さで修士卒に勝てるはずがないので、自由応募はかなり不利だと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

要チェックの人気記事 人気




since 2015 8.1 Copyright 理系の就職活動 | 大学院生の就活体験記 .All rights reserved よろしく