理系の学生必見!就活でのTOEIC(トーイック)の必要性

最近では理系と文系関係なく就職活動において、TOEIC(トーイック)は必須のスキルになっています。就職後も昇進の条件として、TOEICの点数が必要な場合もあるので、高得点を取ることは大切です。
理系の就活バイブル > 理系の就活生必見!!知っておくべき情報 > 理系の学生必見!就活でのTOEIC(トーイック)の必要性

就職活動のTOEIC(トーイック)について


英会話

企業にエントリーする際、TOEICの点数を記載する欄が基本的にあります。

ですので、高得点をとることに越したことはありません。

ただし、理系の学生の場合は研究内容の方が重要視される傾向があるので、高得点が取れなくても大丈夫です。

実際、私が就職した企業にも600点ない人がたくさんいます。

書類に書けるTOEIC(トーイック)の目安・基準


書類にかけるTOEICの目安は600点近くだと思います。

昇進条件として、「TOEIC600点以上」と定めている企業が多いからです。

600点あれば、そこそこ英語もできるな。という印象だと思います。

600点なければ、TOEICを受けていないことにして、書かない方がいいかもしれません。

すでに昇進条件をクリアしている学生と、クリアしていない学生を比較したら、クリアしている学生のほうが圧倒的に有利です。

なので、TOEICで高得点を取っておくことは重要です。


TOEICをいつまでに受けるべきか?


就職活動が解禁される前に、高得点を取っておくべきです。

就職活動が始まってしまうと、説明会やES提出で、TOEICを勉強している時間はなくなります。

また、TOEICには有効期限というものがないので、就職活動が始まる前に勉強しておくべきです。

おすすめTOEIC勉強法【体験談】 エピソード

エピソード
私が大学に入学したての時は、TOEICの点数が550点だったのですが、

高得点だと就活で有利になるという話を聞き、勉強して800点を取りました。

実際、面接で800点あると話すと面接官の好感度がかなりよかったです。

TOEICの勉強としては、TOEICの公式集で問題慣れをし、通学時間に英語のリスニングをしていました。

TOEICの得点UPには、毎日続けることが大切だと思います。

アドバイス(TOEICに関して)


1 周りの就活生

就職活動のためにTOEICを勉強する学生が多く、800点以上の学生がチラホラいます。年配の方は英語が得意でない人が多いので、高得点だと喜ばれます。

2 TOEICの点を上げる方法

個人的には、TOEICの公式問題集で問題慣れをし、付属のCDを通学時間などに何度も聞くのがおすすめです。

Amazonなら中古で安く買えます >> TOEICテスト新公式問題集< Vol.6>

3 TOEICの点数の有効期間

有効なのは2年という話をよく聞きますが、間違っています。証明書の発行を申し込める期間が2年で、一回高得点を取ってしまえば履歴書に書けます。

4 TOEICよりも英会話

TOEICの点数も大切ですが、やはり英語で会話ができないと実践では役に立ちません。学生の内に英語が喋れるようになっておくと会社で重宝されます。




要チェックの人気記事 人気
理系の就活バイブル メニュー
面接
おすすめ就活ツール おすすめ




since 2015 8.1 Copyright 理系の就職活動 | 大学院生の就活体験記 .All rights reserved よろしく