就職活動を失敗させない!就活で気を付けてほしいこと【3選】

18卒の就活生の皆さんは、初めての就職活動で自分が失敗しないか不安だと思います。16卒理系大学院生の私が、皆さんが就活で失敗しないために気を付けてほしいことを紹介します。事前に理解しているだけで、失敗を防ぐことができることばかりです。
理系の就活【体験記】 > 就活で気を付けてほしいこと【3選】

就職活動を失敗させない!就活で気を付けてほしいこと【3選】




就活で気を付けてほしいこと@ 理系の就職で人気の企業ランキング



面接で志望度を聞かれたら、『第一志望』と答える

面接官に志望度を聞かれた際に返答に困ったり、他の企業が第一志望ですと素直に言ってしまうと、『この学生はうちの会社の志望度が低い』と思われ、面接で落とされる可能性があります。

実際、私の知り合いに面接で素直に『第一志望は○○社です。』と答えている人がいたのですが、ほとんどの会社に落とされていました。

その人は、英語も喋れて学会でも賞をもらうほど優秀な人だったので、もったいないなと私は思いました。

推薦応募でなければ『実は、他社と迷っている』と言って、内々定後に選考辞退もできるはずなので、志望度を素直に面接で話す必要はないです。
・御社が第一志望であると伝える(しっかりした志望理由とともに)

就活で気を付けてほしいことA 理系の就職で人気の企業ランキング



社員の方に『選考じゃないから、気軽に話して』と言われても気を抜かない

就職活動が始まると、社員の方と接する機会が増えます。

特に、大学の先輩社員がリクルーターとして就活生に会いに来たりします。

大学の先輩なので、話しやすく、ついつい気が抜けてしまうと思いますが、実は選考をされている場合があります。

私が就職活動をしていた際も、ある企業の社員の方が企業への志望度が高い学生にだけ、食事や工場見学に誘っている場合がありました。

気軽に話してと言われても、社員の方の気分を害しそうな質問や発言は必ず避けましょう。
・選考をされていると意識して、リクルーターと接する

就活で気を付けてほしいことB 理系の就職で人気の企業ランキング



公式では選考開始が6月でも、実際はもっと早く選考をしてくる

正式に内定を出せるのが6月からなので、それよりも早く企業は就活生と接触し、内定を出す学生を選別しています。

実際、本エントリーの締め切りが早い会社は、社員との面談という名前で早く選考してきます。

この面談を通過していくと、企業から内々定をもらうことができ、6月に形だけ(?)面接をして内定が正式に出されます。

そのため、面接は6月からだと考えていると痛い目にあいます。

4月くらいから面談という名前で面接をしてくる会社もあるので、面接対策も早めにする必要があります。
・ほとんどの会社の選考は6月からではないので、早めの企業研究・面接対策が必要

このエントリーをはてなブックマークに追加


要チェックの人気記事 人気
新着記事
理系大学院生の就活体験記 メニュー
面接
おすすめツール おすすめ




since 2015 8.1 Copyright 理系の就職活動 | 大学院生の就活体験記 .All rights reserved よろしく