オファーボックスとキミスカの違いを比較!どっちがおすすめ?

理系の就活バイブル > オファーボックスとキミスカの違いを比較!どっちがおすすめ?

オファーボックスとキミスカの違いを比較!どっちがおすすめ?


オファーボックスとキミスカの違い

逆求人サイトで有名なオファーボックスとキミスカの違いは何ですか?

了解!オファーボックスとキミスカの違いを簡単に紹介するね!

企業から学生にスカウト(オファー)を送る逆求人サイトが、就活生に人気です。

スカウトされることで、インターンに参加できたり、選考をスキップできたりと魅力的です。

そんな、逆求人サイトで人気のあるオファーボックスとキミスカの違いを比較して紹介します。

結論から話すと、 OfferBox の方が参加企業も多く、登録して損はないサイトです。

OfferBoxのHP

本文の内容

・逆求人サイトのオファーボックスの特徴
・逆求人サイトのキミスカの特徴
・オファーボックスとキミスカを比較


逆求人サイトの『オファーボックス』の特徴



四角


offer boxとは、企業が興味をもった学生にオファー(インターンや選考へのお誘い)がくる就活サイトです。

オファーを受けると、説明会に優先的に招待されたり、選考をパスできたりします。

大手からベンチャー企業の5270社も参加しているので、オファーが来ないことはないです。

詳しくは、『Offer Box(オファーボックス)の評判・口コミは?使ってみて感じた良い点と悪い点』を読んでください。



\就活生の4人に1人が使っている/


逆求人サイトの『キミスカ』の特徴


キミスカ

『キミスカ』も逆求人型の就活サイトです。

キミスカにプロフィールを登録して、採用担当者に興味を持たれると、スカウトメッセージを送られてきます。

導入企業数は約300社で、オファーボックスと比べると少ないですが、大手企業も参加しています。

詳しくは、『キミスカの評判・口コミは?使ってみて感じた良い点と悪い点』を読んでください。



\自己分析診断が話題/


オファーボックスとキミスカを比較

本文の内容

・参加企業数
・適性検査
・スカウトの数
・過去の登録学生数

参加企業数

参加している企業の数は、オファーボックス>キミスカ

オファーボックスが約5500件、キミスカが約300件です。

参加企業は、オファーボックスが圧倒的に多いです。

有名企業も参加しており、話題になりました。

関連記事:Offer Box(オファーボックス)の参加企業は?大手中心に300社一覧【21卒向け】


適性検査

オファーボックスもキミスカも適性検査を受けることができます。

適性検査を受けることで、自分の強みや弱みが分かり、自己分析に役立ちます。

適性検査の結果は、企業の採用担当が見て、スカウトを送るか判断しています。


企業がスカウトを送れる数

企業がスカウトを送れる数は、キミスカ>オファーボックス

キミスカは、無制限にスカウトをおくることができますが、オファーボックスは毎月の制限があります。

キミスカの方が、オファーが来る数は多いです。


過去の登録学生数

過去の登録学生数は、オファーボックス>キミスカ

20卒の登録者数は、オファーボックスが127,000人、キミスカが約10万人です。

オファーボックスは毎年、就活生に人気です。


まとめ オファーボックスとキミスカの比較

オファーボックス キミスカ
参加企業数

約5500件

約300件

適性検査

あり

あり

スカウトの数

制限あり

無制限

20卒の登録者数

約127,000人

約10万人


さいごに オファーボックスとキミスカの違いを比較!どっちがおすすめ?


四角

いかがだったでしょうか?

オファーボックスは、有名企業も導入しており

キミスカはオファーがたくさんくるイメージです。

両方登録して、企業からくるオファーを増やして、オファーを受ける企業を取捨選択するのもいいと思います。

逆求人サイトは、他にもあるので気になる方は、『就活でおすすめのスカウト・逆求人サイト7選!新卒は今すぐ使わないと損』を読んで下さい。


21・22卒の就活生におすすめの記事【6選】
管理人のプロフィール

にわとり

◆16卒 理系大学院生
◆ES・WEBテストの通過率100%
◆大手企業の技術職として内定
◆リクルーターとして多くの就活生と面談

就活生に人気の記事ランキング 人気
理系の就活バイブル メニュー
面接
おすすめ就活ツール おすすめ
就活サービス評判・口コミ




2020 Copyright 理系の就活バイブル | 失敗しない就職活動のやり方 .All rights reserved よろしく