就活にかかるお金を徹底的に節約する方法【4選】

就職活動をするに当たって、スーツを買ったり、交通費がかかったりと、お金が意外にかかります。そんな就活生に、2016卒の理系大学院生が就活にかかるお金(スーツ代、交通費)を安く抑える方法を紹介します。
理系の就活【体験記】 > 理系の就活生必見!!知っておくべき情報 > 就活にかかるお金を節約する4つの方法

就活にかかるお金を節約する方法【4選】


説明会

就職活動には、時間もかかりますし、お金も結構かかります。

そのため、私のようにお金に苦労する就活生がいると思います。

私の就活の経験を通して、現役の就活生におすすめの節約方法を紹介します。

就職活動で私が使った金額


東京の23区内に住んでいる私が実際に就職活動で使った費用を紹介します。

利用したもの 内容 かかった金額 企業の支給額
リクルートスーツ等 (スーツ、パンツ)×2着
長袖シャツ×4着、カバン
約4〜5万 0円
新幹線代(往復) 東京〜愛知×6
東京〜大阪×2
約16万円 約16万円
その他の電車代 JRやメトロ 約5〜6万 1万円

私の場合は、合計で10万円弱かかりました。

説明会や面接が比較的近くで開かれたため、地方の就活生より交通費が抑えられたと思います。

実際、宮崎県出身の友達は東京に出てくるための飛行機代や宿代で、かなりお金を使っていました。

お金を節約する方法@ リクルートスーツ等


説明会

就職活動といえば、リクルートスーツが欠かせません。

スーツは上下合わせて何万円もします。

他の就活生よりも高いものを買おうとする人もいますが、見栄を張る必要はないです。

リクルートスーツ、ワイシャツ、靴、カバンなどを安く揃えるためには、やはり量販店で買うことが一番です。

リクルートスーツなどをどこで安く買えるか、AOKIやコナカなどの通販を比較してみました。

お金を節約する方法A 新幹線代


説明会

地方の会社にエントリーすると工場実習や面接で、他県に行く必要がでてきます。

企業によっては、移動費を出してくれたり、出してくれないところがあります。

出してくれない会社に行く際は、日程を合わせて近くの他会社も一緒に行ったほうがいいです。

ここでは、移動費を出してくれる会社の場合でのお得な方法を紹介します。

1 大学で学割を発行する(乗車券の2割引き)

学割を発行することで、企業からもらえる交通費よりおそらく安くできます。

企業に学割を利用したことを報告する必要はないので、少し儲かります。

2 新幹線でなくバスを使う

基本的に、企業は大学近くの駅からの電車代を振り込んでくれます。

なので、長距離移動する際は新幹線ではなく、バスを使うと交通費を安く抑えられ、かなり儲かります。

私のおすすめな高速バスは、ウィラートラベルです。バスの中で映画が見れたり、いろいろなサービスがあります。

3列シートもあるので、ゆったりできます。


お金を節約する方法B クレジットカードを使う


説明会

RANKクレジットカードで新幹線や航空券のチケットを購入し、ポイントを稼ぐ。

クレジットカードを持っていない方は、この機会に作ることをおすすめします。

クレジットカードを作ることに抵抗のある人が多いですが、

カードを紛失して不正に使われたとしても、使っていないことが説明できれば、お金は返ってきます。

私も実際、不正に使われたのですが、返ってきました。


クレジットカードの会社はいろいろあるのですが、楽天カードが一番いいと思います。

楽天で買い物したり、ホテルを予約したりとポイントがたまりやすく、ポイントが使いやすいからです。

楽天カード

年会費 無料
ポイント還元率 100円=1ポイント
1ポイント 楽天市場で1円



お金を節約する方法C 就職活動の体験談or通過したESを『Unistyle』に売る


四角

『Unistyle』では、インターンシップ参加 or 本選考で内定・最終選考まで到達した体験レポート1枚をAmazonギフト券1,000円分で買い取ってくれます。

また、通過したエントリーシート(ES)も業界や企業、就活生からの人気や需給に応じて、0〜500円の間での査定してくれます。

5000円くらいのAmazonギフト券は稼ぐことができると思います。



このエントリーをはてなブックマークに追加


要チェックの人気記事 人気
理系大学院生の就活体験記 メニュー
面接
おすすめ就活ツール おすすめ




since 2015 8.1 Copyright 理系の就職活動 | 大学院生の就活体験記 .All rights reserved よろしく