理系就活での推薦応募とは?後付け推薦の体験談

理系の就活バイブル > 理系就活の流れ【12STEP】 > 理系の就活での推薦応募とは?利用前に知っておくべきこと

理系就活での推薦応募とは?後付け推薦の体験談

理系の就活での学校推薦

学校推薦にするか、自由応募にするか迷っています..

確かに。第一志望の会社が決まっていない人は、迷うよね。

まずは、推薦について紹介するね!


理系の就活生に推薦応募について、16卒の元理系大学院生の私が体験談と共に紹介します。

理系の就活生は推薦を利用するべきか、自由応募で進めるべきかで迷うと思います。

このサイトでは学校推薦の使われ方(ジャブマッチング・後付け推薦など)について紹介します。

  • 理系の就活での推薦応募とは?自由応募との違い
  • 学校推薦枠とは?理系でも学部によって違う
  • 理系の就活で学校推薦が必要になる選考【3選】
  • 後付け推薦の体験談 【16卒理系大学院生】
  • 理系の推薦応募に関するアドバイス【3選】

\おすすめ無料就活サイト/
就職活動に必要なサイト

【理系向け】先輩達が利用してきた就活サイト

理系の就活での推薦応募とは?自由応募との違い

学校推薦

自由応募は、就活生がマイナビやリクナビの就活情報サイトから企業に応募する方法のことを言います。

推薦応募は、大学に送られてきた推薦求人の中から企業を選び、就職担当者の推薦状を添えて企業に応募する方法のことです。

学校の推薦を貰うことができたら、自由応募よりも就職活動が楽になるメリットがあります。

実際、推薦をもらえたら一次面談免除だったり、いきなり最終面談だったり、と優遇されています。

>> 推薦応募で内定がもらいやすい企業は?

ただ、推薦応募で内々定を貰ったら、選考の辞退をすることはできないというデメリットもあるので注意してください。


学校推薦枠とは?理系でも学部によって違う

就活

学校推薦は、誰でも貰えるわけではなく枠が決まっています。

大学が企業に推薦できる学生の人数は、所属している学部によっても異なります。

例えば、△△大学が○○企業へ推薦できる学生の枠は「機械系:4人 情報系:3人 化学系:2人 etc..」という感じに決められています。

採用枠に対して推薦応募を志望する学生が多い場合は、就活担当の教授と面接を行い、誰に推薦を与えるかを決めます。

第一希望の企業の推薦があったら、就職担当との面接を頑張ろうね!


理系の就活で学校推薦が必要になる選考【3選】

学校推薦の種類

@推薦応募
Aジョブマッチング面談
B後付け推薦

ここまで紹介してきた学校推薦の使い方が、一般的な推薦応募ですが、他にも企業側から学校推薦の提出を要求される場合があります。

大学推薦が必要になるジョブマッチング面談や後付け推薦も把握しておきましょう。

学校推薦@ 推薦応募

就活

企業にエントリーする際に、自由応募ではなく学校推薦で申し込む方法です。

企業によっては、推薦応募でしか学生を採用しないところもあります。

学生が推薦を取れば、内定を出した後に他社に逃げられる心配が無いからです。


推薦応募で注意すること


推薦を取ろうと考えている方に注意してほしいことは、学校推薦の申し込み時期です。

学部によっては4月上旬に申し込みが始まるところもあり、推薦を貰うかどうか早めに決めないといけません。

第一希望の企業が決まっている方は、学校推薦が貰えるように動きましょう。

推薦応募時期は、学科によって異なるから、注意してね!


学科の応募時期を把握していないとダメですね。

そうだね!学科で説明会があると思うから、確認してね!


学校推薦A ジョブマッチング面談


就活

入社後の配属部署までも決定する面談です。

基本的には、「就活生の研究内容」と「配属先の研究内容」が一致していることが求められます。

ジョブマッチングが成立した就活生が他の企業に逃げないように、推薦の提出が要求されます。

>> ジョブマッチング選考を採用している企業【一覧】

ジョブマッチング面談で注意すること


ジョブマッチング面談は、早いもの順のイメージがあり、配属先の採用枠が埋まってしまったら、その部署の採用は行われません。

第一志望の企業で、行きたい部署が決まっているなら、できるだけ早くジョブマッチング面談を受けるべきです。



早く行動しないと、採用枠が埋まってしまう場合があるんですね。

そうだね!採用枠が限られているから、モタモタしていると埋まっちゃうね。


学校推薦B 後付け推薦

就活

自由応募で選考をしていても、内々定の代わりに、学校推薦の提出が要求されることです。

後付け推薦が行われる企業の狙いは、採用したいと思っている学生の内定辞退を防ぐことです。

採用開始時期(6月)より、早く面談をしている会社は、最終面接などで推薦の提出を要求してくる印象があります。

後付け推薦で注意すること


後付け推薦でも推薦を出してしまうと、他の企業に内々定をもらっても断らないといけません。

これが俗に言われているオワハラ(就職活動終われハラスメント)です。

第一志望の企業が他に決まっているのであれば、推薦を要求されても、出してはいけません。


自由応募で選考していたのに、推薦の提出を要求されることがあるんですね。

企業も採用したい就活生に逃げられるのは、嫌だからね。


後付け推薦の体験談 【16卒理系大学院生】エピソード

エピソード

私は、メーカーを中心に自由応募で就活を進めていました。

多くのメーカー企業は自由応募での選考にもかかわらず、最終選考に近づくにつれて 『大学に推薦出すから、貰ってきてくれる?』 『教授推薦をもらってきてくれる?』 『第一希望なら学校推薦取ってきてくれる?』 など推薦を要求されました。

志望度の低い企業ばかりだったので、断っていたのですが、第二志望の企業の最終面談を受けた後に、「学校推薦を持ってきてくれたら、内々定を出します。〇〇日までに返事を下さい」と言われました。

私は、第一志望の企業の選考が残っていましたが、第一志望の内定がもらえるか分からない不安や、周りの友達が内々定を貰っている焦りから、推薦の提出を決めました。

自由応募だからと言って、推薦の提出を要求されない訳ではないので、注意してください。

理系の推薦応募に関するアドバイス【3選】

就活のアドバイス
アドバイス

@ 第一希望の会社の採用方法
A 後付推薦の注意点
B 推薦取得後の内定辞退


1 第一希望の会社の採用方法

所属している学部によっては、推薦応募でしか採用しない企業もあります。

大学で就職活動の説明会があり、『推薦の取得時期』や『推薦枠のある企業』などについて教えてもらえると思います。

志望度の高い企業に、年齢の近いOB・OGがいる方は企業の採用方法について相談するのが一番です。

志望企業のOB・OGがいない方は、 ビズリーチ・キャンパス が、便利です。

同じ出身大学のOB・OGと簡単にコンタクトをとることができます。

詳しくは、『就活が有利になる!OB訪問ができるおすすめサイト【23卒】』を読んでください。


2 後付推薦の注意点

後付推薦で企業に推薦を出したにも関わらず、最終選考で落とされた人がいたそうです。

内定が確実に出るまで、他社の自由応募を進めておくといいと思います。


3 推薦取得後の内定辞退

私の知り合いに推薦を出した企業の内々定を辞退したせいで、停学になった人がいました。

推薦を取るときは、「本当にこの企業に就職していいのか」を慎重に考えるべきです。

企業と学校の関係が悪くなると、翌年以降の推薦枠の取り消しもありうるそうです。

推薦応募などの選考情報掲載サイト

感想 就職活動の流れを把握するためにも、先輩の体験談や選考情報を知ることは大切です。

『選考を通過したES』や『企業の選考情報』を無料で知ることができるサービスを紹介します。

1. 30000枚以上のESが見放題「ONE CAREER」
ワンキャリア

ONE CAREER は、『過去の選考体験やES(3万枚以上)』を無料で見ることができる就活支援サイトです。

内定を貰った人や、選考で落とされた先輩のリアルな体験談を知ることができます。

選考方法やESの内容は、前年と大きく変わることはあまりないので、先輩の体験談はかなり参考になります!


\今なら500円分のギフト券がもらえる/


2. ES・選考対策なら「unistyle」
四角

unistyleは、ONE CAREERと同じで就活生に人気の就活支援サイトです。

unistyleでは『4万枚以上のES』に加え、『志望動機のテンプレート』などESの書き方について紹介されています。

unistyleを参考にすることで、選考を通過するレベルのESが簡単に書けるようになります。


\ES対策の定番サイト/


3. 理系に特化した就職エージェント「アカリク」
アカリク就職エージェント

アカリク就職エージェント は、理系に特化した就活エージェントで『研究職に就きたい方など』におすすめです。

研究内容が活かせる企業の紹介から、応募資料の添削や面接練習なども全て無料でサポートしてくれます。

理系ならではの就職活動の悩みを抱えている方は、予約が取れるうちに相談してみてはいかがでしょうか?


\就活の悩みを相談したいなら/


他にも就活に役立つサイトを『就活生は登録すべき!おすすめサイト【15選】』で紹介しているよ!


管理人(にわとり) プロフィール

にわとり

就活ガチ勢だった元理系大学院生。就活当時のES・WEBテストの通過率100%。 現在は大手企業の技術職として働き、リクルーターとして新卒採用も経験。 就職活動は受け身にならず、早め早めの行動が『成功の鍵』です。

まず就活生に読んでもらいたい【おすすめ記事】
就活生に人気の記事ランキング 人気
理系の就活バイブル メニュー
面接
おすすめ就活ツール おすすめ
就活サービス評判・口コミ




2021 Copyright 理系の就活バイブル | 失敗しない就職活動のやり方 .All rights reserved よろしく