23卒におすすめ!無料の自己分析ツール・サイト10選

理系の就活バイブル > 23卒におすすめ!無料の自己分析ツール・サイト10選

23卒におすすめ!無料の自己分析ツール・サイト10選

おすすめ自己分析ツール・サイト

自己分析はした方がいいですか?

もちろんだよ!簡単に使える自己分析サイトを紹介するね



『自己の適職が分からない…』『自分の強み・弱みが分からない…』と悩んでいる就活生の方も多いともいます。

そんな、自己分析が進まない就活生の方に、無料でできる自己分析ツール・サイトを紹介します。

自己分析ツールを使うことで、自分の長所や短所を客観的にとらえることができ、面接で『あなたの長所・短所は?』と質問された時も答えやすくなります。

  • 自己分析ツールとは?自分の適職が分かる
  • 無料で使えるおすすめ自己分析ツール・サイト10選

関連記事:就職活動で書ける強み・弱み 一覧!面接官にアピールしよう

関連記事:就職活動で使える特技・趣味一覧!面接官に好かれる書き方はこれだ


自己分析ツールとは?自分の適職が分かる


自己分析ツールとは、自分の性格や価値観を知るための診断テストのことです。

質問に答えていくだけで、自分の性格や適職を提案してくれます。

自己分析ツールは、逆求人サイトやマイナビやリクナビなどの就活サイトなどで提供されています。

自己分析ツール1.『offer box』


四角

【公式サイト】 OfferBox

オファーボックスは、就活生の5人に1人が利用している人気の逆求人サービスです。

オファーボックに登録すると、自己分析ツール『適性診断AnalyzeU+』を無料で使うことができます。

適性診断AnalyzeU+は、100万人以上の診断結果をベースに作られており、社会人としての自分の強みや弱みがわかります。

AnalyzeU+診断
AnalyzeU+

社会人として必要な力が分かるよ!


\社会人の基礎能力を診断/

自己分析ツール2.『キミスカ』

キミスカ

【公式サイト】 キミスカ

オファーボックスに並んで人気の逆求人サイトです。

毎年7万人以上の学生が登録しており、約6割の学生が国公立 or GMARCHの学生です。

自己分析の診断ツールがあり、当たると評判なので、気になる方は利用してみてはいかがでしょうか?


\自己分析診断が当たると話題/

自己分析ツール3.『FutureFinder』

FutureFinder

【公式サイト】 FutureFinder

FutureFinderは、心理統計学に基づく自己分析で、適職が見つかるサイトです。

登録しておくことで、自分に合っている企業から直接スカウトが来ることもあります。

21卒の登録者数は15万人で、登録学生数は就活サイトの中でも業界最大級です。


\心理統計学に基づく自己分析題/

自己分析ツール4.マイナビ「適職診断MATCH」


まいなび

マイナビには、自己分析ツール「適職診断MATCH」というサービスがあります。

「適職診断MATCH」は、世界40カ国で1,000万人が受検しているサービスで、あなたの適性を客観的に割り出すことができます。

自分に向いている企業や業界がランキングで表示されます。

適職診断MATCH
四角


自己分析ツール5.『リクナビ診断』


四角

リクナビもマイナビと並ぶ最大級の就活総合サイトで、サイト内に自己分析ツールがあります。

「向いている仕事のタイプ」と「個人としての特徴」を診断してくれます。

質問数は約100問で、約5分で結果を見ることができます。

リクナビ診断
リクナビ診断



自己分析ツール6.『dodaキャンパス』

dodaキャンパス
【公式サイト】 dodaキャンパス

dodaキャンパスは、赤ペン先生などの通信教育で有名なベネッセが運営する逆求人サイトです。

dodaキャンパスに登録することで、適性検査GPSという自己分析ツールを利用することができます。

23の設問に答えることで、自分の強みや弱みなどが分かります。


\無料の添削サービスあり/

自己分析ツール7.『iroots』

iroots

【公式サイト】 iroots

irootsは、転職で有名なenが運営している新入社員向けの逆求人サイトです。

選ばれた企業しか登録することができないので、学生は安心して利用することができます。

90万人が利用した自己分析サービスもあり、無料で使えるので気になる方は利用してみてはいかがでしょうか?


\90万人が利用した自己分析/

自己分析ツール8.「エニアグラム」


四角


エニアグラムは、会員登録せずに自己分析の診断ができます。

自己分析の内容は、 自分自身の性格に関してフォーカスした内容になっています。

3分ほどで答えられる簡単な質問で終えることで、9タイプごとに適職性を診断してくれます。

あさがく「エニアグラム」
四角




自己分析ツール9.『キャリタス就活』

四角

キャリタス就活はゲーム風に自己分析を進めることができるサイトです。

こちらの自己分析は会員登録無しで行うことが出来ますが、詳しい結果を見るには会員登録をする必要があります。

会員登録することで見ることのできる詳細は、自分と同じ診断結果の先輩の失敗談や働いている業界、自分の強みなどがあります。




自己分析ツール10.『リクナビNEXT』

リクナビNEXT

グッドポイント診断は、リクルートが持つノウハウを活かして開発したサービスです。

約30分で本格的な診断サービスを受けることができます。

グッドポイント診断を受けることで、自分の強みが分かり、自己分析に活用することができます。




さいごに 23卒におすすめ!無料の自己分析ツール・サイト10選

さいごに いかがでしたでしょうか。どの自己分析ツールを使っても同じ結果が出るとは限りません。

複数のサイトで自己分析をしてみると良いかもしれません。

OfferBox キミスカ は、自己分析ができるだけでなく、企業から選考へのスカウトがくるのおすすめです。

管理人(にわとり) プロフィール

にわとり

就活ガチ勢だった元理系大学院生。就活当時のES・WEBテストの通過率100%。 現在は大手企業の技術職として働き、リクルーターとして新卒採用も経験。 就職活動は受け身にならず、早め早めの行動が『成功の鍵』です。

まず就活生に読んでもらいたい【おすすめ記事】
就活生に人気の記事ランキング 人気




2020 Copyright 理系の就活バイブル | 失敗しない就職活動のやり方 .All rights reserved よろしく