就活の筆記テストで落とされるのはもったいない! WEBテスト・SPIテストセンター対策

理系の就活生に、2016卒の理系大学院生がやってよかったwebテスト・テストセンター対策について紹介します。面接で落ちるのではなく、WEBテストで落ちるのはかなり悔しいです。しっかり対策をすれば、WEBテストは突破できるはずなので、頑張ってください。
理系の就活バイブル > 就職活動 選考対策(WEBテスト、ES、面接) > 就活生のwebテスト・SPIテストセンター対策

筆記テストを通過するためのwebテスト・SPIテストセンター対策


筆記テストの対策方法を教えてください!

筆記テストと言っても企業によって、テストの内容が違うからね!

まずは、筆記テストについて紹介するね!


就活の筆記テストとは?


筆記テストとは、企業に本エントリーする際に、実施されるテストのことです。

企業によって合格ラインが決まっているので、有名大学出身でもテストの点数が低いと容赦なく落とされます。

実際、ボストンコンサルなど就職難易度が高い企業は、合格ラインが高いです。

就職活動で、後悔しないためにもしっかり勉強しておくべきです。

就活の筆記テストの種類について


就職活動で言われる筆記テストとは、基本的にwebテストとSPIのことです。

webテストとSPIの大きな違いは、テストを受ける場所の違いです。

会場:
webテスト ⇒ 自宅
SPIテストセンター ⇒ 会場

SPIテストは会場で受けるテストなので、自分の実力が確実に試されます。


WEBテスト・テストセンターの試験種類


星 WEBテスト : 玉手箱 TG−WEB WEBテスティングなど 

星 テストセンター種類 : SPIなど

やじるし WEBテストやテストセンターの種類は、ほぼ上記です。

SPIは、一度テストを受けてしまえば、他企業でも点数を使いまわすことができます。

一方でWEBテストは、使いまわすことができないので、毎回受けないといけません。

就活の筆記試験のテスト科目


星 能力テスト:言語(国語)、非言語(数学)、英語など

星 性格テスト:性格診断(あなたはAとBどちらに近いですか。など)

やじるし ほとんどの会社が『言語』『非言語』『性格診断』の3教科です。

テストの難易度は、webテストもSPIも同程度だと思われますが、とにかく時間が足りません。

全部解ききることは、不可能に近いと個人的には思います。

webテスト・SPIテストセンターの体験談 エピソード



就活が始まった当初は、研究室の仲間と一緒にwebテストを受けたりしていましたが、

自分のテストだけでなく他人のテストも受けるのが面倒になり途中でやめました。

点数が良すぎると、企業の人に怪しまれるという話も聞いたので、一人で受験することが多かったです。


SPIのテストは、外資系の企業に本エントリーした際に受験しました。

合格ラインが高いと言われている企業だったのですが、勉強したおかげで通過することができました。

合格ラインが高い企業で通過することができたので、その後は安心してSPIの結果を使い回すことができました。


アドバイス(webテスト、SPIに関して)


1 先ずは、無料でSPI対策

SPIテストの対策は、無料ですることができます。おすすめの就活サイトをまとめたので、見てみて下さい。

> 無料で使える!SPIテスト対策サイト【ランキング】

2 SPIのテストセンター対策

テストセンターのSPIは、大手でよく使われ、前回のテスト結果を使い回すことができます。

そのため、就職活動の序盤で高得点(テストの足切りのボーダーが高い会社)を出すと精神的に非常に楽です。

>> spiテストセンター実施企業一覧

3 Webテスト対策

高学歴だからwebテストは、点数が低くても大丈夫だと思っていると痛い目に合います。

面接の前に落とされてしまった友達もたくさんいました。

>> おすすめ参考書 >>おすすめアプリ

4 性格診断対策

性格診断で、落ちるのは悲しいです。

性格診断のフィードバックをくれる会社を受けたり、お金を払って有料の性格診断を受けるのもいいかもしれません。



管理人のプロフィール
16卒の理系大学院生。技術職として大手メーカー就職。新卒採用をリクルーターとして2年間経験。このサイトは「大学生のみなさんに後悔のない就職活動を送ってもらいたい」という想いで作成しました。まず、はじめに下記記事を読んで下さい!

就活生にまず読んで欲しい記事【21卒】
要チェックの人気記事 人気
理系の就活バイブル メニュー
面接
おすすめ就活ツール おすすめ




2019 Copyright 理系の就活バイブル .All rights reserved よろしく