内定と内々定の違いについて【体験談】

理系の就活バイブル > 理系の就活バイブル > 内定と内々定の違いについて【体験談】

内定と内々定違いは?


内定と内々定違いは?

就職活動を始めると、内々定や内定という言葉をよく耳にすると思います。

21卒の就活生に向けて、私の体験談を基に内定・内々定について紹介します。

    本記事の内容
  • 内々定について
  • 内定について
  • 内々定・内定の私の体験談
  • 内々定・内定に関するアドバイス

内々定について


内々定とは、採用予定通知のことです。

予定なので正式な採用ではなく、労働締結が結ばれていないので、企業も学生も断ることができます。

しかし、たまに内々定を出す条件の引き換えに、入社承諾書や推薦書の提出を求められるケースがあります(オワハラ)

オワハラ:就活終われハラスメントの略

オワハラの対策について


入社承諾書や推薦書の提出をしてしまうと、他の企業の選考を断らなければいけません。

もし、その会社が第一志望でない場合、何か理由を付けて書類の提出期限の延長を交渉して下さい。

内定について

内定

内定とは、『企業から採用通知書を受け取った就活生が、入社承諾書にサインし、企業との労働契約が結ぶこと』です。

採用通知書は、一般的には10月に行われる内定式で渡されます。

入社承諾書にサインすると、簡単に内定を断ることはできないので注意が必要です。

内定・内々定の体験談【16卒】 エピソード

エピソード

私は、はじめての内々定を6月にもらいました。(16卒:選考開始8月)

自由応募で選考を受けていた企業のから『あなたを採用したいと考えているから、就職活動を辞めて推薦の提出をして欲しい』と言われました。

言われた時はとても嬉しかったのですが、他にも気になる会社があり戸惑いました。

私は正直に『他社と迷ているので、返事を少し待ってほしい』と伝え、回答期日を遅らせてもらいました。

エピソード


1週間ほど悩んだ末、人事に推薦を提出する決意ができたことを伝えると、『選考が解禁される8月1日に本社に来て、最終面接を受けてほしい』と言われました。

最終面接の当日は、役員と人事と簡単な面接を行いました。

3日後に、人事から電話で『正式に内定を出すことが決まったよ。』と言われ、無事に就職活動を終わりました。

内々定・内定に関するアドバイス

就活のアドバイス"
アドバイス

@ 内定・内々定の辞退
A 推薦提出後の内定・内々定の辞退

1 内定・内々定の辞退

内々定は、労働契約が結ばれていないので、自由に辞退することができます。

一方で、労働契約を結んだ後の内定辞退は簡単にできません。

会社に呼び出される場合などがあるそうです。


2 推薦提出後の内定・内々定の辞退

大学の推薦書提出後の内定、内々定辞退は基本的に断れません。

知り合いに、停学になってしまった人がいました。

しかし、どうしても辞退したい場合は研究室の教授に相談するのがベストです。


管理人のプロフィール

にわとり

◆16卒 理系大学院生
◆大手企業に技術職として就職
◆リクルーターとして新卒採用を2年間経験
◆「就活生に後悔のない就職活動を送ってもらいたい!」という思いで理系の就活バイブルを作成しました

就活生にまず読んで欲しい記事【21卒】
要チェックの人気記事 人気
理系の就活バイブル メニュー
面接
おすすめ就活ツール おすすめ




2019 Copyright 理系の就活バイブル .All rights reserved よろしく